あらゆる自己分析を受けて、就活に使えるか分析してみた!

あらゆる自己分析を受けて、就活に使えるか分析してみた!

就活に必須な自己分析

就職活動をしている方は、自己分析を必ず一度は受けたことがあるのではないでしょうか。
自己分析を受けると、自分の過去の経験や日常生活で感じたことを振り返ったり、質問に答えていくことで自分はどのような性格で、どのような特徴があり、自分にはどんな業界や職種が向いているのかを探る手がかりになります。

しかし、自己分析と一口に言っても世の中には多くの自己分析ツールが存在しています。
中には遊び感覚で受けられるものや、エンタメ感満載のものもあります。

「じゃあ、結局どの自己分析が就活に使えるの?」

そんな疑問に答えるべく、筆者が実際に14種類もの自己分析を受け、以下の3つの指標を5段階で評価してみました。
・手軽度
・情報の充実度
・就活に使える度

完全に主観になってしまいますが、就活生の目線で、どのくらい就活に役立つのか正直に評価をしていますのでぜひ最後までご覧ください!

自己分析3類型

実際に自己分析を受けていく中で、本当に多種多様な自己分析が存在することを知りました。そこで、自己分析を提供している会社などの特徴を基準に、3類型に分けてみました。 

①	求人・求職サイトの運営会社が提供している自己分析ツール
こちらの類型は、いわゆる就活サイトに登録すると受けることができる自己分析です。この類型の自己分析を受けると、そのままESや自己PR作成のサポートをしてくれる場合が多いです。

②	その他の会社や団体、個人が提供している自己分析ツール
こちらの類型は、求人・求職サイト以外の会社や団体などが提供している自己分析です。心理学を元にしたものから、会社が採用のために独自に開発したものまであります。

③	エンタメ色の強い自己分析ツール
こちらの類型は、就活のために作られたものというより、友達同士で受けると盛り上がるようなエンタメ感の強いものが入っています。


以上の類型に分けながら、各自己分析を一気に紹介していきます。

①-1 適性診断AnalyzeU+

所要時間	20分
手軽度		★☆☆☆☆
情報の充実度  ★★★☆☆
就活に使える度 ★★★★☆


就活サイト「OfficerBox」内で受けることのできる適性診断。
251問の質問に答えることで、「社会基礎力」「次世代リーダー力」の2つ診断結果により、自分の強みが分かる。

①-2 適性診断MATCH plus

所要時間	10分
手軽度		★★☆☆☆
情報の充実度  ★★★★★
就活に使える度 ★★★★★


就職情報サイト「マイナビ」が提供する適性診断。
今の自分を知るための自己分析と今後の自分が進んでいく方向を考えるための指針に関する情報を、さまざまな角度から得ることができる。

①-3 キャリタスクエスト

所要時間	3分
手軽度		★★★★★
情報の充実度  ★★★☆☆
就活に使える度 ★★★☆☆


就職支援サイト「キャリタス就活」が提供する自己分析ツール。
RPGをプレイしているかのような感覚で手軽に受けることができる。

①-4 リクナビ診断

所要時間	5分
手軽度		★★★★☆
情報の充実度 	★★★☆☆
就活に使える度 ★★★★☆


就活サイト「リクナビ」が提供している自己分析。
自分の考え方の傾向や、どのような仕事が向いているのかアドバイスがもらえる。

①-5 適性検査GPS

所要時間	7分
手軽度		★★★☆☆
情報の充実度 	★★☆☆☆
就活に使える度	★★★☆☆


就活支援サイト「dodaキャンパス」が提供する適性検査。
3つの質問のうち、最も当てはまるものと最も当てはまらないものを選択する形式。
三角形のグラフで、自分の強みや弱みが視覚的に分かる。

①-6 My analytics

①-6 My analytics
所要時間	5分
手軽度		★★★★☆
情報の充実度 	★★☆☆☆
就活に使える度	★★★☆☆

就活サイト「キャリアパーク」が提供する自己分析。
36の質問に答えることで、自分の強み、適職を診断してくれる。

①-7 COLOR INSIDE YOURSELF

所要時間	13分
手軽度		★★☆☆☆
情報の充実度 	★★★★★
就活に使える度 ★★★★★


就活サービス「CIY」が提供する自己分析。
好きな色や好きな写真を選択するなど、一風変わった質問形式。
向いてる職場や仕事におけるアドバイスがもらえる。

②-1 16personalities

所要時間	5分
手軽度		★★★☆☆
情報の充実度 	★★★★★
就活に使える度 ★★★☆☆


心理学的類型論を元にした性格診断。
60の質問に答え、16のキャラクターのうち自分がどれに当てはまるのかが分かる。
自分と同じタイプの偉人や著名人を知ることができる。

②-2 エニアグラム

所要時間	5分
手軽度		★★★★☆
情報の充実度  ★★★☆☆
就活に使える度 ★★☆☆☆


日本エニアグラム学会が提供する性格診断
90問から自分に当てはまるものを選択し、9つのタイプから自分がどのタイプに該当するのかが分かる。

②-3 ポケモン分析 

所要時間	3分
手軽度		★★★★★
情報の充実度 	★★☆☆☆
就活に使える度 ★☆☆☆☆


ポケモンセンターが提供する自己分析。
16個の質問に答えて、自分がどのポケモンの要素を持っているのかが診断される。

②-4 ストレングスファインダー 

所要時間	35分
手軽度		★☆☆☆☆
情報の充実度 	★★★★★
就活に使える度 ★★★★★


アメリカギャラップ社が開発した、人の才能を診断するテスト。
自分の資質に関する177問の質問に答え、その回答により「実行力」「影響力」「人間関係構築力」「戦略的思考力」の4ついずれかに分類された34の資質が順位付けて示される。

③-1 エムグラム

所要時間	9分
手軽度		★★☆☆☆
情報の充実度	★☆☆☆☆
就活に使える度 ★★☆☆☆


株式会社mgramが提供する性格診断。
105問の質問に回答すると、自分の性格の中で特徴的な8つの要素である「私を構成する8性格」を知ることができる。
※ニックネームは、そのとき猛烈に食べたかった「とんかつ」にしています。ご了承ください。

③-2 動物占い

所要時間	1分
手軽度		★★★★★
情報の充実度	★★★☆☆
就活に使える度 ★★★☆☆


生年月日により、12のうちどれかの動物に例えられる、四柱推命の一種を元にした占術。
自分が本質的に持っている性格が分かる。

③-3 辛口診断16

36問あるが、直感的に答えていけばすぐに終わって手軽だが、
所要時間	3分
手軽度		★★★★★
情報の充実度	★★☆☆☆
就活に使える度 ★★★☆☆


性格診断を応用した面白コンテンツサイト「性格診断セブン」が提供する性格診断。
36問の質問に答えると自分の性格型が分かる。自分と同じ性格型のアニメの登場人物も観ることができる。

自己分析に頼りすぎるのもよくない?

ここまで14種類もの自己分析を紹介してきました。就活のスタートとして自己分析をすることは、自分に向いている業界・職種や、面接対策などに大いに役立ちます。
しかし、自己分析の結果を全て鵜呑みにすることも良いとは限りません。

「あなたにはこんな仕事が向いています」と自己分析の結果で出てくると、最初からその業界・職種にしか焦点を当てないということをしがちです。これをしてしまうと、自分の可能性を潰してしまうことになりかねません。自己分析はあくまでも一つの指標であり、参考程度に考えることが望ましいです。前から興味のあった仕事はもちろん、自己分析の結果にかかわらず最初は色々な業界・職種を見てみましょう。

今後の展開

今回の記事では、各自己分析を少しずつしかご紹介できなかったため、今後それぞれ一つずつ、実際に受けてみた感想などを画像満載で記事にしていきますので、今後もぜひご覧下さい!
ログインする
LINEでログイン
Facebookでログイン
会員登録する