【モテる金融8選】年収1000万越えは当たり前!華やかな金融業界で最もモテる企業8選 

【モテる金融8選】年収1000万越えは当たり前!華やかな金融業界で最もモテる企業8選 

「頭がキレてスマートそう」
「給料が良さそう」
「キリッとビジネスマンっぽい」

総じてかっこいいイメージを持たれることが多い「金融業界」
今回はそんな華のある金融業界の中でも、トップクラスにモテる企業をランキング形式で8社を紹介していきます。

8位 メガバンクの頂点 エリート揃い 三菱U F J銀行

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1000万円

【総評】
誰もが知るメガバンクの頂点 三菱U F J銀行。その知名度は日本だけでは無く、世界の金融機関の中でも、預金残高、貸し出し残高共にトップクラスです。

名門大学出身者のエリートが集いしのぎを削っています。

国内で知らない女性はいないので、その圧倒的知名度・ブランドは強力な武器となります。外銀勢と比べるとチャラさは無く紳士的な面が女性人気です!

7位 昼飯は座って食べるな 野村証券

モテ度 ★★★★☆
平均年収 900万円

【総評】
日本が産んだ、最強営業部隊 天下の野村証券様!圧倒的ブランドと地獄のノルマを乗り越えてきた人間的魅力でモテ度抜群です。
入社してくるのは、自分に自信のある、各大学、各分野のトップ層。「俺がトップセールスになる!」といった負けん気バチバチの空気感でキャリアがスタートします。

ちなみに社内の美女率が高く、社内恋愛も多いとか。

6位 ゴリゴリネイビースーツ部隊 プルデンシャル生命

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1000万円

【総評】
生命保険業界でもトップクラスのシェアを誇るプルデンシャル生命。
実は社員はみんな業務委託の個人事業主で給料は完全フルコミッション制なので、格差も激しいとか。しかし、億プレイヤーもゴロゴロいるので営業力に自信がある人であればおすすめ!

ネイビーのスーツに尖った革靴、銀色のトランクケース、ワックスでガッツリ固めたかヘアスタイルといったプルデンシャル特有のイケイケコスチュームがあり、実際に性格もイケイケ、ゴリゴリタイプが多い印象です。

5位 新卒重視×スマート紳士 J Pモルガン

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1500万円

【総評】
世界一の商業銀行 J Pモルガン。バックに超巨大な金融グループを持つため、資本基盤が盤石で「圧倒的安定感」があります。

「団結」を重視していたり、新卒重視の制度など独自の社風が形成されています。
スマートで紳士的な方が多いと言う評判多数。

4位 東大出身の宝庫で真面目で温厚的 シティ証券

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1800万円

【総評】
シティ証券は知名度こそ低いが、東大生エリートの宝庫であり、高給料の隠れモテ企業。
真面目で温厚な社風なので、外銀特有のアグレッシブさが苦手な方にはおすすめ。

女性からの知名度は低いが、その分しっかりとした恋愛をし幸せな家庭を持つ方が多いとか。

2位 外銀の中で最も明るく派手 メリルリンチ日本証券

モテ度 ★★★★★
平均年収 2000万円

【総評】
米バンクオブアメリカ・メリルリンチの日本法人である、メリルリンチ日本証券、通称「メリル」

他外銀が東京駅界隈に拠点を置いているのに対して、メリルは伝統×大人の街、日本橋にオフィスを構えています。

「外資系投資系銀行の中で最も明るい社風を持つ」といわれており、縦社会では無く、フランクに仲良く仕事をしているそうです。

恋愛面ではただのウェイウェイ系ではなく、気取っていなく面白さを兼ね備えている人が多いとか。入社すれば合コンに引っ張りだこになることは間違いなし!

3位 堅実スマートな安心感 モルガン・スタンレー

モテ度 ★★★★★
平均年収 1800万円

【総評】
G Sと並び外資系投資銀行のツートップをはるモルガン・スタンレー。通称「モルスタ」
G Sやメリルのアグレッシブさと比べるとスマートで堅実なタイプが多い印象。
他社と異なり、官僚的な組織で若手は縦割りの部署に配属されます。

派手に遊ぶことはせず、落ち着いた雰囲気が好きな方にはおすすめ!
イケメンが多いと言う評判もちらほら。

1位 金融業界のトップ・オブ・ザ・トップ 「ゴールドマンサックス」

モテ度 ★★★★★
平均年収 3000万円

【総評】
金融業界の雄、ゴ―ルドマンサックス。平均年収は3000万をこえ、世界中のエリートがここG Sに集まります。圧倒的な知名度、ブランドをもち、G S出身者には起業家や政界へ進出する人も多い。

社風は一言で言うと「体育会系」。 しっかりとした上下関係があり、チームワークを重視しています。また男性が職場に多いことイメージが外資投資系銀行の中では女性の割合が多く、最近は1:1の比率で採用しているとか。

アグレッシブでなければ生き残れない社風上、プライベートでも積極的な男性が多い印象。
そしてG Sマンと石原さとみの結婚も記憶に新しいように、これまでにG S社員が女性芸能人と数々の浮名を流してきた。
ログインする
LINEでログイン
Facebookでログイン
会員登録する
パスワードを忘れた方はこちら