【モテるコンサル14選】 問題解決のプロにかかれば恋の難題も即解決!エリート頭脳集団のコンサル業界で最もモテる企業14選

【モテるコンサル14選】 問題解決のプロにかかれば恋の難題も即解決!エリート頭脳集団のコンサル業界で最もモテる企業14選

インテリジェンスの塊
コミュニケーションの達人
超高収入

多くの学生から憧れの的となっている「コンサル業界」
今回はそんなコンサル業界の中でも、トップクラスにモテる企業をランキング形式で14社紹介していきます。

14位 ニッチだが、スタートアップ界隈では絶大な知名度 ドリームインキュベータ

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1090万円

知る人ぞ知る、スタートアップ投資とコンサルティングを両方やる珍しいタイプのファーム、ドリーム インキュベータ。

戦略コンサルティングや事業・産業プロデュース、M&A支援、ベンチャーキャピタルなど幅広くビジネスを展開しています。ベンチャーキャピタルとしての活動があるためスタートアップ界隈では抜群の知名度!

前向きでポジティブな人が多いとか。

13位 全国を飛び回ってたくましさが磨かれる!船井総合研究所

モテ度 ★★★★☆
平均年収 600万円

船井総合研究所は世界で初めて上場した経営コンサルティングファームです。
日本全国の中小企業をお客様にもち、主力の20代層が常に全国を飛び回っているとか。とてもアグレッシブ!

アクティブで派手なタイプが多く、港区でよく見かけるそうです。

他ファームと比べると学歴もピンキリで、まさに玉石混交ファームともいえるでしょう!

12位 今勢いに乗る上場したての新星ファームベイカレント・コンサルティング

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1100万円

2016年に上場したばかりの若いコンサルティング会社、ベイカレントコンサルティング。もともとI Tの派遣から始まったこともあって、総合系の中でもI T系に強い特徴を持っています。

今勢いのあるベイカレは社員の平均年齢も32歳と若く、どちらかというとロジカル無双タイプというより、実行力タイプが多いとか。

11位 名前とのギャップにやられちゃう!野村総合研究所

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1200万円

上位校の学生に圧倒的な人気を誇る野村総合研究所、通称N R I。社名からか学生からは硬そうな組織のイメージを持たれていますが、実際はそんなことはなく、自由な社風だそうです。

コンサルもそうだが実はSIerとしての収益が多く、I Tに強い企業でもあります。
そんなN R Iは日系ファームながら給料が高水準。

外見の硬そうなイメージと実際の自由さ、気さくさのギャップがいい味だしてます!

10位 海外で活躍したグローバル人材の宝庫 アビーム・コンサルティング

モテ度 ★★★★☆
平均年収 850万円

日本発、アジア発でNo.1を目指すグローバルコンサルティングファーム、それがアビームだ。
他のコンサルティングファームと比べると年収でやや物足りない感はあるが、その分海外で活躍できるチャンスが多くあり、井の中の蛙でない広い視野を持ったコンサルタントを生んでいます。実際に社員の多くが海外へ行くそうです。

残業が多いと言われていますが、社員をじっくり育てる社風があるため、その向き合い文化ゆえに離職率は低いそうです。

苦難にも耐えながら包容力のあるそんな男性が多いのでしょうか?

9位 「攻め」と「守り」のコンサル企業は恋愛でもバランスタイプ!? KPMG

モテ度 ★★★★☆
平均年収 990万円

2014年に日本支社が誕生した新しいコンサルティングファーム「K P M G」
設立からまだまだ新しいので、ベンチャー気質があり、個人の裁量権も大きいようです。

企業の成長促進のための攻めの「マネジメントコンサルティング」とその成長を持続可能なものにするための守りの「リスクコンサルティング」に特化したプロフェッショナル集団として立ち上げられました。

他コンサル企業と比べて激務ではなく、その分、恋愛に勤しむ時間も多く取れます!
世間的な知名度こそはまだまだなものの、隠れ有料物件として、一部から指示されているとか。

8位 実は日系!世界に通用する日本魂を見せつけろ!?デロイトトーマツコンサルティング

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1100万円

外資系と勘違いされがちですが、実は日本が誇る世界最大級の日系コンサルティングファーム「デロイトトーマツコンサルティング」

他の総合コンサルティングファームと比べても、一回り優秀な層がいると言われるデロイト。
戦略から実行まで一貫して担う総合力とコンサル業界でも飛び抜けた育成力が強みでB I G4の中でも最も上流案件に携わることができると言われています。

性格は癖が強い人が多い傾向があり、型にはまらない個性派としての魅力が磨かれます!

7位 I Tに強い、トレンドの波に乗ったいま勢いのある「アクセンチュア」

モテ度 ★★★★☆
平均年収 900万円

アクセンチュアはアイルランド発のI Tに強い世界最大のコンサルティングファームで、従業員数は50.9万人、52カ国、200都市に拠点を置いています。
日本でも大量に採用を行っており、外資系コンサルの中でも比較的入りやすい傾向があります。

人数が多い分、一口にアクセンチュアと言っても多種多様で、コンサルタントと言うよりはS Eとして働いている方もいれば、いわゆるコンサルタントとして働くエース集団もいればといった具合。

他コンサルと比べて、気取った感じがなく、常識があり気さくな一面が人気の秘訣だそうです。

6位 コンサル業界の中でも圧倒的真面目率「PwC」

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1000万円

PwC(プライスウォーターハウスクーパーズ)は、ロンドンに本拠地をおく世界最大級の会計・監査・税務を中心としたコンサルティングファームです。

PwCが人気な理由の一つとして、入社後、多様なキャリアの選択肢があることが挙げられます。
金融、メーカーなどの「業界別」と経営コンサル、会計コンサルなどの「職種別」の2軸で部門が決定されており、ジョブローテーションも盛んなため入社後に様々な業界、職種に触れることができます。

そんなPwCですが、会計分野に強いことが影響しているのか、真面目なタイプが多い印象。給料もよく浮気の心配もなく、手堅い交際ができるという点が、安定志向の異性にウケるようです!

5位 少数精鋭のヨーロッパ母体ファームは旦那に最適?ローランド・ベルガー

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1430万円

戦略系コンサルティングファームの中でも、若手に裁量権があり、新しいチャレンジをいとまないベンチャー気質なファーム「ローランド・ベルガー」

まず単純に名前がかっこいい。

ガツガツした社風ではないが、しっかり激務。

マッキンゼーやボスコンなど有名どころと比べると知名度はやや劣っているのでプライドが高い男性があまり行かないとのこと。
逆に気さくな人が多く、旦那に最適だとか。

4位 仕事もプライベートも尖り続けろ!A.T.カーニー

モテ度 ★★★★☆
平均年収 1200万円

A.T.カーニーはシカゴを本拠地とするコンサルティングファーム。
一般的に外資系ファームは海外のオフィスの力が強く、日本オフィスの発言権は強くないのが当たり前の中で、A.T.カーニの日本オフィスは発言力が強いらしいです。

若手育成に力を入れており、他ファームとは違った尖った若手が多く集まっているのも特徴の一つ。

外資系っぽいフランクな社風で、プライベートは品があるとか。

あまり知られていないが、そのプレミア感が魅力の一つです!

3位 コンサルにしてはホワイト!控えめ優等生の飾らない魅力 ベイン&カンパニー

モテ度 ★★★★★
平均年収 1920万円

戦略系コンサルティングファーム B I G3の一角「ベイン・アンド・カンパニー」
戦略ファームとしてはホワイトな職場環境だと言われており、一方で圧倒的な結果主義でもあるようです。
日本オフィスは50名程度とアットホームな職場。

トップコンサルタントとして高い自信を持つ他ファームと比べると控えめな性格が多いとか。
一方でキャラクター採用ではなく、スキル採用なので、とんでもないエリートが勢揃いしているファームでもあります。

さすがの高年収も魅力の一つ!

2位 大人の色気と個性が魅力 ボストンコンサルティング

モテ度 ★★★★★
平均年収 1860万円

マッキンゼーと並ぶコンサル業界の二大巨頭。 「ボストンコンサルティング」通称「ボスコン」
日本に最初に進出したコンサルティングファームであり、日本おビジネスかいと太いパイプがあります。日本政府をクライアントとする案件も多く抱えており、官僚でなくても国家戦略に関わることも可能です。

サバサバした個人主義のイメージが強い外資系コンサルですが、ボスコンは違います!
人間関係を大切にしており、舎弟制度的な育成体制があり社内交流も活発です。

プライベートではそういった社風の中で培われた面倒見の良さや大人としての魅力が売りです!

1位 頂の景色を知るスーパーエリート集団 マッキンゼー&カンパニー

モテ度 ★★★★★
平均年収 2300万円

世界N O.1ファーム 「マッキンゼー&カンパニー」
圧倒的ブランドと実力、そして年収を誇る世界最高峰のコンサルティングファームです。

全員英語堪能で、フレームワークを駆使してどんな難題でも解決していきます。
自分たちがコンサル業界を牽引している自負があり、圧倒的な自信を持っています。

数年間で辞める人が多いですがその後、外資系事業会社やベンチャーなど各地で活躍しており、彼らは「マッキンゼー・マフィア」と言われています。そう、一度マッキンゼーに入ってしまえば、やめた後も一生「マッキンゼー・ブランド」の恩恵を受けることが可能!


知名度抜群、ブランドもあり平均年収もなんと2300万!
もし入ることができたらモテること間違いなしです!
ログインする
LINEでログイン
Facebookでログイン
会員登録する
パスワードを忘れた方はこちら